夢うさんブログ ~自然が好き~

森林セラピーガイド、自然観察指導員”むうさん”による、自然体感レビューブログです

【サンディスク エクストリーム 2TB レビュー】ポータブルSSDの「SanDisk Extreme」~自然写真撮影のデータ保管での使い心地~

こんにちは むうさんです^^

今回は、撮影した写真データを保管するために購入した、超高速転送のポータブルSSD、「サンディスク エクストリーム 2TB」を本記事でレビューしていきます。

サンディスク エクストリーム について

特徴

最大550MB/秒の読み出し速度超高速転送と、IP55規格に則り、雨や水しぶき、ホコリへの防御機能があります。インターフェースはUSB3.1 Gen2TypeCコネクタのケーブルとTypeAのアダプタにより様々なパソコン、デジタルツールへの高速転送に対応しているのが特徴です。

従来からあるポータブルHDDは信頼性が低くクラッシュが心配でしたが、SSDであれば振動にも強いですから安心で、サンディスクのブランドであるエクストリームは信頼性が高いところが一番です。

さらには、写真撮影でデータのバックアップをとるときに、持っていく時も約40gと超軽量ですから持ち出しやすいです。撮影機材も持って、パソコンも持ってとなると、かなりの重量ですから、少しでも軽量なのは助かります。

また、3年間の製品保証がついています。

特徴!

① 超高速なデータ転送速度
② 高信頼性
USB3.1 Gen2の高速IF対応
④ 超軽量で持ち出しやすい
⑤ 3年間の製品保証

スペック

f:id:muu8san:20210111110932j:plain

サンディスク エクストリーム 開封&外観チェック

これからご紹介するのは、エコパッケージでないバージョンのものとなります。 エコパッケージ版は24800円、エコパッケージでないものは27100円(Amazon 2021年1月11日現在)と価格が多少高くなっています。中身は同じなのですが、綺麗なパッケージにこだわる方は、今からレビューする方をご購入ください。参考に、エコパッケージでないもののリンクを貼っておきます。

外観

▼外観はこんな感じです。

f:id:muu8san:20210111103336j:plain

▼パッケージの裏面です。

f:id:muu8san:20210111103604j:plain

下の方に、黄色いバッチのようなマーク中に3と記載されていて、3年保証ということが示されています。

▼パッケージの裏面の拡大です。

f:id:muu8san:20210111103848j:plain

・写真やビデオを超高速に保存、編集が可能
IP55の防滴性、防塵性を備えた高信頼性
・最大2メートルの落下に耐える衝撃と振動に強い、高い耐久性
ということが記載されています。

内容物一覧

・パータブルSSD:エクストリーム本体
・ケーブル:USB TypeC-TypeC
・アダプタ:USB TypeC-USBからTypeAへ変換 
・取扱説明書 兼 製品保証書
・データ復旧ソフト 1年間利用特典の説明用紙

▼内容物を並べました

f:id:muu8san:20210111105333j:plain

SSD本体のパッケージ状態

f:id:muu8san:20210111105635j:plain

内容物一覧では、パータブルSSD本体はパッケージから取り出していましたが、箱から取り出した直後は上の写真のように、白い厚紙の緩衝材の中にしっかりと入っていました。

サイズ感と重量

▼ポータブルSSDのサイズ感

f:id:muu8san:20210111110103j:plain

縦96.2mm×横49.55mmですが、500円玉と比較して、上の写真のような感じとなります。

▼実際の重量は?

f:id:muu8san:20210111110330j:plain

私が購入したものは41gでした。
スマホの4分の1程度ですから、持った感じはとても軽いです。

▼ケーブルも一緒にしての重量は?

f:id:muu8san:20210111110556j:plain

USBケーブルとUSB TypeCとTypeAの変換アダプタを一緒にして58gでした。
それでも軽いですね。

ケーブルも高品質

▼ケーブルの太さ

f:id:muu8san:20210111124648j:plain

写真の通り5mm弱あり、曲がりにくい硬さがあるしっかりとしたケーブルです。
ケーブルの太さは転送速度へ影響を与えます。細いケーブルではSSD本体が高速でも転送速度がでません。某社の安いポータブルSSDではそのような現象があるようです。

▼USB TypeCとTypeAの変換アダプタ

f:id:muu8san:20210111125056j:plain

写真の左が、USB TypeCをTypeAへ変換するアダプタです。
右のケーブルの三角の印と変換アダプタの三角の印を合わせてはめ込めば、完了です。私はパソコンのコネクタがUSB TypeAですので、常時装着しています。

▼データ復旧ソフト「レスキュープロ デラックス for SSD 1年間利用特典」

f:id:muu8san:20210111131810j:plain

青く塗りつぶした箇所にシリアル番号が書いてあります

逆にこのような特典がついていることが、サンディスクのこの商品の品質への絶対的な自信を感じます。まず使う人はいないだろう、ということなのでしょう。

転送速度の性能

実際の転送速度を測定してみました。
測定ツールは、「CrystalDiskMark 8.0.0 (Release 2020/11/20)」です。

f:id:muu8san:20210111130026j:plain

上の2つは、連続した領域の読み書き速度を測定しています。550MB/秒までは達していませんが、かなりの速度です。
速度がでていないのは、私の古めのPCのスペックの影響もあるかもしれません。
なお、下の2つは、ランダムな領域の読み書き速度を測定しています。

私の使用しているPCはPanasonic Let's note で、少し古めのパソコンですが、ストレージはSSDです。
写真データを画像管理ソフトで閲覧する時の体感速度でいうと、パソコンのSSDから読み込むよりも、このサンディスク エクストリームの写真データを読み込む時の方が、体感ではかなり早いです。

ご紹介したとおり、容量の大きい映像データや、写真データを保管するのに、信頼性が高く、高速転送のポータブルSSDです。

価格もこなれてきましので、気になっている方は是非チェックしてみてください。

 
よろしければTwitterのフォローで応援してください。
新しいブログ記事のアップがわかります。※週1回、週末に更新しています。