夢うさんブログ ~自然が好き~

森林セラピーガイドで茶道家、写真撮影大好きな”むうさん”による、自然体感レビューブログです

【実感レビュー】SONY α7Rシリーズ(α7R、α7RⅡ、α7RⅢ、α7RⅣ) 中古を買うならどれ?

こんにちは むうさんです^^

SONYって、カメラを買わせようとするのが、上手いと思います。

それは、α7シリーズだけでも、
無印のα7高感度のα7S高解像のα7Rと、キャラクターの異なったシリーズを用意しているんですから。

SONY α7RⅢ

SONY α7RⅢ

α7を持っていても、もっと画素数が欲しいと思うと、Rシリーズが用意されているので、思わず買ってしまいそうになります。

このα7シリーズの中でも、高解像のカメラが欲しくて、購入するならα7Rのどれにするか?

でも、新品は手が出ない。
なら、中古で購入するなら、どれにするか?

なんて考えながら、スペックを比べてみました。

今回は、初代α7とα7RⅢを持っている私の、α7Rシリーズの実感スペック比較です。

▼SONY α7RⅢ

新品のカメラの値段が高過ぎる

カメラの値段が、本当に高くなりました。
最近発表されたSONY α7RVは56万円です。

私には、全く手が届かないですし、そこまでの高性能を使って撮影する場面もないです。

今持っている、初代α7と、4200万画素のα7RⅢで!とても満足しています。

スナップ撮影の時は、フルサイズのα史上で最軽量の初代α7を持ち出しますし、
三脚使って風景(私の場合は夜景です)を撮るときは、α7RⅢを使っています。

SONY 初代α7

SONY 初代α7

▼SONY 初代α7レビュー
《2021年》ミラーレス「SONY α7中古」レビュー 前編

初代α7も、α7RⅢも、中古で購入しました。
私には、十分な性能と、撮影の楽しさを感じるカメラたちです。

SONY α7Rシリーズの比較

初代α7だけでいいじゃないか?と思いつつ、どうしても欲しかったα7RⅢ

ですが、α7RⅢにするまでには、RⅡは?RⅣは?と悩んで、α7RⅢにしました。きっとそんな方もいるだろうと、Rシリーズを比較してみます。

SONY α7Rシリーズ

SONY α7Rシリーズ

▼SONY α7R

α7Rシリーズ スペック比較

スペックの比較表です。

SONY α7Rシリーズ スペック比較

SONY α7Rシリーズ スペック比較

今現在、中古で購入できるのは、α7RⅣ、RⅢ、RⅡ、Rで、表の一番右のα7RがRシリーズの最初の機種で、左に行くほど新しい機種となります。

青い色が濃いほど、性能が高い、重量が軽い、安い、ということを示しています。

中古価格だけ見ても、72800円~241900円まで幅があります
私は、予算との相談も機種を選ぶ理由として大きかったです。

中古で購入する視点で、各機種の魅力は?

性能が高い=イコール=価格が高いわけですから、中古で購入する時は価格を抑えて、自分が欲しい機種をしっかり選ぶことです。

Rシリーズだけでも、4つものカメラから選択できるのですから、私が悩んでいる最中は、正直贅沢だと感じていました

α7Rの魅力

α7Rの魅力からご紹介します。

α7Rの魅力

①中古価格で、7万円台と安く購入できる

約3640万画素と、今でも高解像度

③フルサイズと思えないボディの小ささと軽さ(初代α7と同様のデザイン)

④バッテリーが共有できる(初代α7、α7Ⅱと共通)

実際、α7Rと同時に発売された初代α7を持っている私は、初代α7はフルサイズミラーレスで撮影することが楽しくなるカメラなので、その上位機種のα7Rは、きっとさらに上をいくカメラだと思います。

ボディデザインは、下の写真の初代α7と似たデザインで、何しろ外の3機種より圧倒的に軽いです!
軽ければ持ち出すという法則が実感としてあるので、軽いのは大きなおすすめポイントです。

SONY 初代α7

SONY 初代α7

フルサイズミラーレスカメラを安く購入したい高解像度を低価格で購入したい方に、特におすすめです。

▼SONY α7R

α7RⅡの魅力

続いて、α7RⅡの魅力をご紹介します。

α7RⅡの魅力

①発売当初43万円万円だったカメラを、10万円ちょいで、購入できる。

②α7RⅢと同じセンサーで、約15ストップの広いダイナミックレンジ

③画質を考えるとコスパが高い

④カメラ本体に手ぶれ補正機能がある

⑤バッテリーが共有できる(初代α7、α7Ⅱと共通)

風景写真など、高解像度と広いダイナミックレンジが欲しい撮影に特に向いている、とても良いカメラです。

私がα7RⅢを選んだのは、個人的な感覚的な話なのですが、ファインダーがより高解像度で、マルチセレクターがほしくて予算がなんとかなったからです。

画質はα7RⅡもⅢもほぼ変わらないようですので、予算で選んでもよいかと思います。

▼SONY α7RⅡ

α7RⅢの魅力

私の持っているα7RⅢの魅力をお伝えします

SONY α7RⅢ

SONY α7RⅢ
α7RⅢの魅力

中古価格で16万円台からと、α7RⅡと約5万円の価格差

4240万画素の高解像

③α7RⅡと同じセンサーで、約15ストップの広いダイナミックレンジ(センサー性能スコア 100でαシリーズ最高)

④α7RⅡから向上している点
マルチセレクター
→RAW+JPEG JPEGでエクストラファインを選択可能
ファインダー 369万画素

α7RⅡから、より撮影場面が広がった機種となります。

風景や花など、ゆったりと撮影できる被写体がメインならα7RⅡで十分ですし、広い撮影対象を狙うならα7RⅢの方が満足するはずです。

予算が何とかなるならα7RⅢがおすすめですし、コスパ重視ならα7RⅡがおすすめです。

▼SONY α7RⅢ

α7RⅣの魅力

Rシリーズで中古で購入できる最高峰のカメラが、α7RⅣです。

α7RⅣの魅力

①SONY αシリーズ 最高画素数の6100万画素の超高解像度

②ファインダーが576万画素(とても綺麗)

③リアルタイムトラッキングが入り、動体にも強くなったAF

魅力は、6100万画素の超高解像度です。
風景などを精細な写真を撮影したい方は、たまらないと思います。

また、
銀座のSONYストアで、ファインダーを覗いてみると、そのリアルさに驚きました!ファインダー画像はとっても綺麗です。

一方、画像ファイルが大きいので、メモリカードが大容量が必要だったり、パソコンのストレージも大きいのがあった方が良いなど、周辺整備も必要にはなります。

最高の画質が欲しければ、α7RⅣに決まりだと思います。 

▼SONY α7RⅣ

SONY α7Rシリーズ 中古まとめ

SONY α7Rシリーズの4機種は、どれも魅力あるカメラです。

SONY α7Rシリーズは魅力がいっぱい

SONY α7Rシリーズは魅力がいっぱい

カメラは上を見るときりがありません。

中古でお財布と相談して、欲しいカメラを購入するのが賢いと思っています。

SONY α7Rシリーズ(α7R、α7RⅡ、α7RⅢ、α7RⅣ)と4機種が、少しずつ性能と価格を変えて、中古が出回っているのは、選ぶ方からすると嬉しいかぎりです。

それぞれのカメラの魅力をご紹介しました。
どのカメラも魅力がいっぱいです。是非、チェックしてみてください。 

▼SONY α7R

▼SONY α7RⅡ

▼SONY α7RⅢ

▼SONY α7RⅣ