夢うさんブログ ~自然が好き~

森林セラピーガイド、自然観察指導員”むうさん”による、自然体感レビューブログです

【本格的】アイス抹茶ラテ ハリオ クリーマー・キュート(Creamer Qto)でつくる~スタバより香りと旨味を工夫~茶道家がつくるアイス抹茶ラテ

こんにちは むうさんです^^

新緑を楽しめる季節ですが、徐々に気温も上がってきて冷たい飲み物がほしくなる時期です。先日、冷たい、アイス抹茶で、お茶の旨味を楽しみ方をお伝えしました。

www.muu0san.com

今回は、Amazonでクリーマーのベストセラー1位になっている『ハリオ クリーマー・キュート(Creamer Qto)』を使って、本格的なアイス抹茶ラテをつくっていきたいと思います。
スターバックスのアイス抹茶ラテを意識して、よりお茶の香りと旨味を感じられるレシピにしてみました。


最初に、私とお抹茶の関係をお伝えさせてください。
私は、遠州流茶道の名取(なとり)で、茶道のお点前(おてまえ)のお稽古をしていますが、普段の生活の中では、もっと手軽にお抹茶を楽しんでいます

自然カフェでは、お抹茶の飲み方の広がりを伝えていきたいと思います。

レシピの特徴
① 本物のお抹茶を使うことで香りがよく、まろやか
② ハリオのクリーマーを使い、クリーミーな飲み口
③ お抹茶の旨味を感じられる

アイス抹茶ラテの道具と準備

使用する抹茶:久和利
西出製茶場(京都府 宇治田原町)製のもので、お茶銘は久和利(くわり)です。温かい抹茶ラテでも、この久和利を使いました。ちなみにお値段は、20gで1100円と、抹茶の中ではお手頃な価格となっています。


京都、宇治田原町の禅定寺地域の一番茶のみを使用した、渋みの少ない香り豊かなお茶とのことです。生産地域が限定されていて、一番茶のみというところが美味しそうです。

アイス抹茶ラテをつくる道具

・クリーマー:ハリオ クリーマー・キュート(Creamer Qto)
・グラス
・器 ※抹茶をマグカップに入れる前に事前に混ぜる器
・茶筌 もしくは混ぜるためのスプーンなど
茶杓

アイス抹茶ラテの材料

・抹茶:3g ※温かい抹茶ラテより1g多め、お茶の香りを引き立たせるため
・砂糖:5g ※温かい抹茶ラテより2g多め、冷たいと甘さを感じにくいため
・牛乳:150cc
・お湯:大さじ1杯より少なめ(目安10cc)
・氷:お好みの量
※砂糖の量はお好みですが、甘めが好きな方は6g以上をおすすめします。

茶筅について

途中で、抹茶と砂糖を10ccのお湯で溶くのですが、茶筅ですと穂を器に押し当てながら混ぜ合わせることができ、よく溶けて混ざるので、茶筅を使うのがオススメです。

茶筅には色々と種類がありますが、今回はベーシックな百本立をご紹介します。
下の茶杓とくせ直しのセットを参考にしてみてください。
くせ直しは、茶筅の穂を整えて、乾かして、保管しておくのに便利ですので同時に揃えられるのをおすすめします。

アイス抹茶ラテをつくる手順

<1>抹茶と砂糖を溶かしておく

▼器に、抹茶3gと砂糖5gを入れます。
f:id:muu8san:20210606135104j:plain

私は器に抹茶茶碗を使いました。茶筌で混ぜやすいからです。ただ、混ぜやすい器であれば何でもかまいません。
茶筅は使う前に穂がしなって折れにくくするために、5分ほど水につけておいてください。私は下の写真の通り、コップに水を汲んで茶筅をいれています。

茶筅は使用前に水につけておく
f:id:muu8san:20210606135309j:plain


次に器に入った抹茶と砂糖を、お湯で溶かしながら混ぜ合わせます。
ここで、水でなくお湯を使うのは、砂糖を溶けやすくするためと、抹茶の香りを引き立てるためです。

《コツ①》
後でクリーミーな泡をつくるためには、お湯の量はできるだけ少なくしてください(目安は10cc)。

▼器に、お湯を大さじ1杯より少なめに入れて、茶筌かスプーンでダマがなくなるように、よくかき混ぜます。

f:id:muu8san:20210606140124j:plain

お湯は10cc程度で抑えめに


茶筅で混ぜ合わせる時は、茶筅の穂を器に押し当てながら、円を描くようにして茶筅を動かす。お濃茶を練るような要領。
f:id:muu8san:20210606140149j:plain


▼溶けて混ざり合いました
f:id:muu8san:20210606140214j:plain

 

<2>器に牛乳を50cc注ぎ、茶筅で混ぜ合わせる。

抹茶と砂糖とお湯が混ざりあった状態では、ネトっとしていて液状ではなく、扱いづらいので、ここに牛乳を50cc注いで液状にしていきます。

▼器に牛乳を注ぎました
f:id:muu8san:20210606141046j:plain


茶筅で混ぜ合わせます
f:id:muu8san:20210606141127j:plain

 

<3>ハリオのクリーマーで抹茶ラテをつくる準備をする

▼ハリオのクリーマーに牛乳100ccを入れ、先ほどの混ぜ合わせたものを用意する

f:id:muu8san:20210606141728j:plain

右:ハリオのクリーマー、左:先ほどの混ぜ合わせたもの

▼抹茶と砂糖と牛乳を混ぜ合わせたものを、ハリオのクリーマーへ注ぐ
f:id:muu8san:20210606141815j:plain

これで、牛乳150cc、抹茶3g、砂糖5g、お湯10ccの全ての材料が合わさりました。

<4>ハリオ クリーマーのガラス本体で撹拌する

▼撹拌する前に、グラスに氷を入れて準備しておく
f:id:muu8san:20210606143425j:plain


▼ハリオ クリーマーガラス本体に、蓋とクリーマーをセットする
f:id:muu8san:20210606143615j:plain


▼撹拌器のスイッチを押して、撹拌シャフトを回転させ、撹拌する。
f:id:muu8san:20210228094156j:plain

スイッチを押している間だけ、撹拌シャフトが回るようになっています。
一気にクリーミーな抹茶ラテにしていきますので、60秒間連続で撹拌します。


▼撹拌中
f:id:muu8san:20210606143845j:plain


撹拌中は、中のミルクが飛び散ってフタの裏につきます。

この『ハリオ クリーマー・キュート』いいところは、このフタがついていて飛び散らないようになっていることと、クリーミーな泡立ちのミルクをつくるのにコツがなくて、誰でも簡単につくれることです。

▼『ハリオ クリーマー・キュート』の蓋は役立つ
f:id:muu8san:20210606143942j:plain


▼60秒間撹拌してできた抹茶ラテ
f:id:muu8san:20210606144027j:plain


▼用意した氷入りのグラスに注ぎます。
f:id:muu8san:20210606144056j:plain


▼アイス抹茶ラテの出来上がり
f:id:muu8san:20210606144122j:plain

グラスを近づけると、抹茶の香りがしてきます

暑い季節で、甘い飲み物がほしい時にぴったりです。単に甘いだけではなく、クリーミーな中に、お茶の爽やかさもあり、とっても美味しい。


▼ごちそうさまでした
f:id:muu8san:20210606144455j:plain

美味しくいただきました^^

抹茶の量を多少多めにしたレシピにして、抹茶の風味をより感じられるようにしてみました。お好みで抹茶の量などを変えてみてください。

誰でも簡単にクリーミーな泡立ちのミルクをつくれて、アイス抹茶ラテも作れるハリオ クリーマー・キュート。気になっている方は、是非チェックしてみてください。

 

よろしければTwitterのフォローで応援してください。
新しいブログ記事のアップがわかります。※週1回、週末に更新しています。