夢うさんブログ ~自然が好き~

森林セラピーガイド、自然観察指導員”むうさん”による、自然体感レビューブログです

【植物に学ぶ生存戦略 面白いNHK番組のレビュー】山田孝之さんがツユクサの生き残るために様々な工夫を教えてくれました

こんにちは むうさんです^^

植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之は、2018年9月から2020年8月にかけて、
NHKで、4回に渡って放送された番組です。最近でも、再放送されていました。番組で紹介されていた植物の生き残り戦略をお伝えします。

植物の生存戦略 番組の概要

アナウンサーの林田理沙さん、俳優の山田孝之さんが、コント劇をやりながら、様々な植物の生存戦略を教えてくれます。

植物は、動けないことから、生き残るために様々な工夫をしています。
それが、人の生き方や、商売の仕組み、組織の戦略などのヒントになるので、NHKで4回も企画、放送されたのだと思います。

では、
放送された植物の生存戦略はどんなものなのかを、具体的に、ツユクサについて、ご紹介します。

ツユクサ生存戦略

ツユクサは、秋に青い花を咲かせる草花です。

f:id:muu8san:20210113205740j:plain

ツユクサの花

珍しい草花ではなく、公園や雑木林などに行くと、普通に足元に群生をつくって咲いています。

そのツユクサが、自然の中で生き残っていくために、どんな戦略を持っているのでしょうか?

ポイントは、草花の受粉です。受粉しなければ種ができず、子孫を残せないからです。
草花の生存戦略は、寿命が短い自分自身が生き残ることではなく、いかに子孫を残すかにあります。

1つ目の戦略:見た目で目立つ

上の写真のように、青い花びらの内側に、黄色い花粉があります。
青と黄色の反対色にすることで目立たせることで、受粉を手伝ってくれる虫を呼び込みます。番組では、黄色いネオンサインと表現していました。

f:id:muu8san:20210113205824j:plain

ツユクサ ニセモノの花粉

2つ目の戦略:ニセモノの花粉を使う

花粉は昆虫、蜂などの食料です。黄色いところはニセモノ、花粉に似せたオブジェなのです。これで昆虫を呼び込みます。でも食料がないと、すぐに、虫が去ってしまうので、ニセモノの花粉の近くに少しだけ、本物の花粉があります。

さらにその手前に多量の花粉が付いている本物ののオシベがあり。少量の花粉を食べているときに、虫にたっぷりつくようになっています。

3つ目の戦略:虫なしで受粉する

花は早朝に咲いて、昼にはしぼんでしまいます。残念ながら、虫による受粉がないまましぼむ場合もあります。そのままでは、種ができません。

f:id:muu8san:20210113210127j:plain

ツユクサ 自分だけで種をつくる

そこで、しぼむ瞬間に、自分のメシベをオシベの花粉につけることで、自家受粉(他の花の花粉で受粉するのではなく、自分の花粉で受粉する)するのです。
生き残るために必要な遺伝子の多様性が得られないために、自家受粉は最後の手段なのです。

色々なツユクサの工夫は、いかがでしたか。
動けないツユクサが、様々な工夫をして、子孫を残そうとしているのが分かります。

自然の厳しさと、それを乗り越える、ツユクサ
私は、この番組を見て、もっと他の植物についても知りたくなりました。

最後に、私のおすすめの本をご紹介しておきます。

「野に咲く花の生態図鑑」 多田多恵子/著

さまざまな植物の生存戦略や、生態などが、やさしくかかれています。
一番の魅力は、写真がたくさん掲載されていて分かりやすく、頭で理解するだけではなく、フィールドにでて実際に見ているようなたくさんの写真が載っています。
例えば、春を告げるタチツボスミレ

f:id:muu8san:20210113200208j:plain

タチツボスミレ

タチツボスミレは受粉ができなくても種を作るために、自分で種をつくる開かない花をつくり、生き残ろうとしています。この開かない花など、タチツボスミレで7枚の写真と5枚ものクローズアップ写真が掲載されています。

f:id:muu8san:20210113200814j:plain

ヤマボウシ

ヤマボウシ、ホオノキ、カラスウリカタクリマンリョウ…。
取り上げられている34種類の植物のことがわかりますご興味ある方は、是非チェックしてみてください。

 

【NHK番組「植物の生存戦略 話す人・山田孝之」他の紹介記事】
↓梅の木
植物に学ぶ生存戦略(梅の木)
オオイヌノフグリ
植物に学ぶ生存戦略(オオイヌノフグリ)

自然観察を始めてみたい、少し知りたいという初心者向けの自然観察の手順の記事『おとなの自然観察 5つの手順(初心者編)』も参考にしてみてください。

www.muu0san.com


よろしければTwitterのフォローで応援してください。
新しいブログ記事のアップがわかります。※週1回、週末に更新しています。