夢うさんブログ ~自然が好き~

森林セラピーガイド、自然観察指導員”むうさん”による、自然体感レビューブログです

【レビュー】『SONY α6400/NEX-6』と『E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650』と『アクセサリー』~大切に使いたい~

こんにちは むうさんです^^

前回は、中古でお手頃なミラーレスカメラ『SONY NEX-6を購入した時に、同時に揃えたものとして『HAKUBA ドライボックスNEO 5.5L + 他メンテナンス用品3点セット防湿庫 HTMB-YM』を紹介しました。

今回は、SONYのα6400などでもキットレンズとなっている標準ズームレンズE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650用として揃えたアクセサリーを紹介します。α6400など、α6000系で標準ズームレンズを使われている方もこの3つのアクセサリーを使うことができます。

①レンズのプロテクトフィルター
『Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 40.5mm』

②レンズフード
『(バシュポ) Pixco E16-50 ソニーレンズフード』

③液晶フィルター
『Kenko 液晶プロテクター スーパーハイグレード KLP-SA6400』(カメラ本体のモニター用でα6000系と共通)

の3つをご紹介します。

3つとも価格は1000円前後ですので、お手頃でした。

SONY α NEX-6とE PZ 16-50mmとアクセサリー

SONY α NEX-6とE PZ 16-50mmとアクセサリー

ミラーレスカメラ『SONY α NEX-6』を2021年中古で購入した記事も書いています。
レンズセットで2万円台と購入しやすいミラーレスカメラです。
紹介記事は下をご覧ください。

3つのアクセサラー

▼『Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 40.5mm』

▼『(バシュポ) Pixco E16-50 ソニーレンズフード』

『Kenko 液晶プロテクター スーパーハイグレード KLP-SA6400』

レンズプロテクターとレンズフード

①レンズのプロテクトフィルター
②レンズフード
をカメラにつける目的は、

・チリやゴミがレンズに入るのを防ぐこと
・カビが生えるのを防ぐこと
・レンズの表面に触れないようにすること
です。

レンズを写りが良いまま使いたいからです。
レンズは使っていくとチリなどが入ってしまいますし、ドライボックスの記事でも書きましたが、レンズにカビが発生したこともありました。

そこで、できることとして、プロテクトフィルターをつけることにしています。

Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO

私が購入したのは、 Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 40.5mmです。

レンズフィルターはレンズのフィルタ径ごとに用意されているので、購入するときはレンズのフィルター径を調べます。
標準ズームレンズ『E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650』のフィルター径は40.5mmですので、40.5mm用を購入しました。

このレンズフィルターは安価で購入しやすく、光学メーカーのケンコーですから安心です。

NEX6に装着されたレンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650」に取り付ける時は、レンズ先端のネジ溝へ回して装着します。

▼Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 40.5mm

Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 40.5mm

▼レンズプロテクター装着前のSONY α NEX-6

Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 40.5mm装着前のSONY α NEX-6

▼レンズ先端のフィルタ-用のネジ溝へ回しながら装着します。

Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 40.5mm装着後のSONY α NEX-6

▼『Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 40.5mm』

もう一つ必要なのが、レンズフードです。

(バシュポ) Pixco E16-50 ソニーレンズフード

レンズフードの役割は、
①撮影する時に、斜めから光が入ってきて、写真にフレアやゴーストという本来無いものが写ることを防ぐこと。
②レンズ表面やレンズプロテクター表面にものや指が触れないようにカバーをすること。
です。

▼『(バシュポ) Pixco E16-50 ソニーレンズフード』をNEX-6に装着

『(バシュポ) Pixco E16-50 ソニーレンズフード』

私が、SONY NEX6用に購入したレンズフードは、この写真の通りで、かなり浅いですし、周囲を抜いてあります。
ですから、斜光を防ぐ効果はどの程度あるのか疑問ですが、レンズ表面を守るために購入しました。

このレンズフードも、レンズ先端のネジ溝にはめます

このレンズフードを買う前に私が不安だったのは、レンズのネジ溝にフィルターをはめても、フィルターにもネジ溝があるのか?ということでした。念のため、購入時に確認するとちゃんとフィルターの表側にネジ溝があり、無事、レンズフードを取り付けることができました。

▼レンズプロテクターも未装着のSONY α NEX-6

Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 40.5mm装着していないSONY α NEX-6

▼レンズプロテクターを装着したSONY α NEX-6

SONY α NEX-6にKenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 40.5mmをつける

▼レンズプロテクターの表面の溝に、(バシュポ) Pixco E16-50 ソニーレンズフードを回しながらはめていく

(バシュポ) Pixco E16-50 ソニーレンズフードをSONY α NEX-6につける

▼装着した状態を上から見ると下の写真の通りです。

(バシュポ) Pixco E16-50 ソニーレンズフードを装着したSONY α NEX-6

レンズフードは、大きすぎなくて、いい感じです。

レンズフードによっては広角だと、レンズフードが写りこむケラレが起こることがあるようですが、このレンズフードは大丈夫でした。

広角の24mmでもバッチリ、ケラレもなく使えます。

▼『(バシュポ) Pixco E16-50 ソニーレンズフード』

私の場合は、カメラをホルスターバッグ(トップローディングバッグ)にカメラのレンズ側を下にして入れて、レンズキャップも外して、持っていき撮影しています。

すると、レンズを直接バッグの底に触れさせたくないので、レンズフードは必須です。

使っているホルスターバックの記事です。参考にしてみてください。

これで安心して、バッグに入れて持っていけます。

締めは、液晶モニターの保護フィルターです。

Kenko 液晶プロテクター スーパーハイグレード KLP-SA6400

目的は、文字通り液晶モニターの保護です。

写真撮影の時に、ファインダーを覗きながら撮り鼻が液晶モニターに触れたり、モニターを指で触ったりして、液晶モニターには脂がつきます。
それをこまめに拭いていると、液晶モニター表面のコーティングが剥がれてきます。

また、何かの拍子でものが当たって、モニター表面に傷がつくと、撮影した写真の確認がしずらくなり困るので、保護フィルターは必ずつけています。

SONY α NEX-6は、α6400などのα6000系と同じ液晶サイズなので、α6400用のものを購入しました。

▼『Kenko 液晶プロテクター スーパーハイグレード KLP-SA6400』

『Kenko 液晶プロテクター スーパーハイグレード KLP-SA6400』

▼気泡が消えて綺麗に貼れます。

『Kenko 液晶プロテクター スーパーハイグレード KLP-SA6400』の取説

▼貼り方も簡単です。

『Kenko 液晶プロテクター スーパーハイグレード KLP-SA6400』の貼り方

▼SONY α NEX-6に、綺麗に貼れました。

SONY α NEX-6に『Kenko 液晶プロテクター スーパーハイグレード KLP-SA6400』を貼った様子

『Kenko 液晶プロテクター スーパーハイグレード KLP-SA6400』

SONY α NEX-6用のアクセサリー

この3つのアクセサリーは、カメラを購入したら、私はどのカメラにもつけています。

SONY α NEX-6とE PZ 16-50mmとアクセサリー

①レンズのプロテクトフィルター:『Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 40.5mm』
②レンズフード:『(バシュポ) Pixco E16-50 ソニーレンズフード』
③液晶フィルター:『Kenko 液晶プロテクター スーパーハイグレード KLP-SA6400』

今回紹介したものは、3つとも1000円前後とお手頃ですし、カメラは大切に使っていきたいので、是非チェックしてみてください。

▼『Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 40.5mm』

▼『(バシュポ) Pixco E16-50 ソニーレンズフード』

『Kenko 液晶プロテクター スーパーハイグレード KLP-SA6400』